帝王切開した場合の産後ダイエット!話題の酵素ドリンクが安心

MENU

帝王切開で産んだのでダイエットしていいのか分からないあなたへ

帝王切開した場合の産後ダイエットの方法

帝王切開をした場合の産後のダイエットは慌てないことが肝心です。
出産の疲れや、出産後の傷が癒えないうちに無理なダイエットをすると体調を崩しかねません。

 

帝王切開をした場合の産後ダイエットには、まず産褥体操がおススメです。

 

足首を曲げたり伸ばしたりするプラス、足首を左右に曲げる体操です。
だいたい10〜15回、疲れない程度に行います。

 

次に首を前後に曲げる体操です。
座った状態で首を前後に5回程曲げます。

 

これらは産後1日目から出来る体操です。
でも帝王切開をした場合は、あくまで医師の許可が出てから行います。

 

 

また授乳中などは赤ちゃんを抱くことで肩が凝りやすくなる人もいます。日を追うごとに、足首の体操に加えて全身のストレッチや肩を回したり上げ伸ばしをするといいですね。

 

毎日少しずつ続けていって、体調のすぐれない日などは思い切って休むことも必要です。

 

そして徐々に軽いウォーキングや、お腹の筋肉を意識した運動を取り入れていくといいでしょう。
また、骨盤の歪みを防ぐために骨盤体操もおススメです。

 

骨盤体操は、いわゆる腰まわし体操です。

 

両足を肩幅に開き、手は腰に、まっすぐ前を向いて腰だけを左右に回します。
左右10回ずつ回したら、今度は上体を前に倒したり、後ろに反らせたりを交互に10回します。

 

腰を回す時、上体を倒す時反らす時はゆっくりと行います。
注意することは、腰に負担がいかないように、腹筋に意識しながら、お腹に力を入れて行うことです。

 

お腹の傷が完全に治ったら、補正下着などを身に付けながら運動するとよりいっそう効果的です。
その際は、締め付けずワンサイズ大きいものを着用しましょう。

 

帝王切開した場合のダイエット開始は、体力の回復が大前提です。